FC2ブログ

節約ミックスジュース

・オトクな節約情報を追いかけます!

「PeX」って何?ポイント交換中継サイトPeX(ペックス)をざっくり解説【メリット・デメリット】 

2019.01.01 00:00 | PeX

本日は日本最大級のポイント交換中継サイトPeX(ペックス)をご紹介します。PeXは10pt=1円換算です。

PeX(ペックス)

▶PeX(ペックス)公式サイト


「PeX(ペックス)」。既にネットでポイ活やお小遣い稼ぎをされている方なら、耳にした事がある方も多いと思いますが、これからネットでお小遣いを稼ぎたい、とお考えの方は何のことやらかもしれません。

今日はそんな方にもご理解頂けるように、ざっくりとPeXのサービスをご紹介して参ります。


とりあえずPeXに登録したい方


「PeX(ペックス)の事は大体わかるので、登録する入り口だけ教えて~」というような方向けに、まずはPeX(ペックス)の公式サイトをご案内しておきます。

メールアドレスだけ準備して下記リンクからPeX(ペックス)新規登録して下さい。

▶PeX(ペックス)公式サイト


PeXは「ポイント交換中継サイト」です


まず結論から書きたいと思いますが、PeXはネットで貯めたポイントを現金などに交換する時に使用する中継サイトです。(PeXはポイントエクスチェンジの略だと思われます。ややこしいですがPeXとは別にPointExchangeという中継サイトも存在します…。)

皆さんがネットで貯めたポイントが手元の現金になるまでの流れを説明すると、

①お小遣いサイトでポイントを貯める

②貯まったポイントをPeXポイントに交換する

③PeXポイントを現金に交換する

という手順になります。この流れを経由せずにお小遣いサイトで貯めたポイントを直接現金化できるパターンもあります。では何故このようにPeX(ペックス)のような中継サイトを経由させなければいけないのでしょうか?

大人の事情なのか?それとも業界のニーズがあったのか?


この辺の理由ですが、管理人は専門家ではないので憶測でしか書くことが出来ないのですが、例えば運営母体の規模が小さいようなお小遣いサイトだと、貯めたポイントを様々な交換先に対応させることが費用的とか人員的とかの問題で難しくなるんじゃないかと想像できます。

そこでPeX(ペックス)はそのような問題を抱える規模が小さなサイトに「ポイントを丸投げしてくれればウチがいろんな交換先に変換しまっせー」と持ち掛けて、ポイントを使った運営が実現できるように手助けしているのだと考えています。

ポイント交換手数料は小さなサイトがPeX(ペックス)に支払いますが、ポイントの現金化などの作業や責任はPeX(ペックス)が負担するという事です。PeX(ペックス)は我々末端ユーザーからの手数料収入もありますので、両替屋という名前が一番しっくりくるかもしれません。

まあ、このようなお助けサービスが存在することで、規模の小さなサイトでもポイント業界に参入しやすくなり、結果業界の裾野が広がるというのであれば我々お小遣い稼ぎユーザーの立場からすればウェルカムですよね!

PeX(ペックス) 提携サイト


PeXのメリット


さて、そんなポイント交換中継サイトPeX(ペックス)ですがメリットを8つご紹介します。

①完全無料ですぐに登録できます!


PeX(ペックス)は入会も、年会費も完全無料で登録できます。メールアドレスさえ準備すれば、あとはサイトの案内に従って登録を進めるだけです。登録後は16桁のPeX口座番号が与えられ、お小遣いサイトなどからのポイントをPeX口座に交換する時に使用します。

②100を超える提携サイト


先にご説明しました通り、なかなか名前を見ることの少ないようなサイトからハピタスモッピーのようなメジャーなポイントサイトまで幅広く100以上のサイトと提携しています。

下の画像からは当ブログでもご紹介しているレシートアプリCODEや口コミサイトMycommentなどのサイトの名前も伺えます。

PeX(ペックス) 提携サイト CODE マイコメント

③1年に1回ログインすればポイント失効しない


PeX(ペックス)ではログインするたびに有効期限が延長されますので、ポイントの有効期限切れの心配が少ないです。一応、PeXポイントが失効するパターンをご紹介しますと、

・最後にログインした日から12ヶ月以上ログインされていない場合

・最後にPeXへポイント交換された日から12ヶ月以上PeXへポイント交換をしていない場合

どちらかをクリアすれば失効しないとのことですので、やはり1年に1回ログインすれば問題無しです。

④サイト内のコツコツ案件などで、チリツモでPeXポイントが貯まる


PeX(ペックス)ではShufoo!(シュフー)と提携した電子チラシや、DreeVeeが運営するCMくじなどに取り組んでチリツモでポイ活できるコンテンツが用意されています。

またポイントサイトと同じようにショッピングやサービス利用などPeXポイントが貯まるコンテンツもあります。

▶「ポイントサイト」とは何か?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説します【ポイ活】

2019年1月現在、PeXポイントから現金に交換する場合は必ず手数料が発生しますので、管理人は少しでも手数料を補えるように日々コツコツ案件に勤しんでいます。

⑤リアルタイムで換金可能(しかも上限不明)


PeX(ペックス)では貯まったポイントを楽天銀行に現金として交換する場合、リアルタイムで交換する事が可能です(年末年始などのポイント交換メンテナンス期間除く)。

▶楽天銀行の口座開設が、どのポイントサイト経由がオトクか比較です【毎月更新】

また1回のポイント交換の上限は1,000,000pt(10万円相当)までとなっていますが、管理人は1,000,000ptの交換直後に700,000ptを交換した実績がありまして(合計17万円相当)、ポイント交換の上限はかなり高いのでは?と予測しています。

⑥PeXポイント定期預金


PeX(ペックス)では、貯まったポイントを「PeXポイント定期預金」に預ける事で利子に当たるポイントをほったらかしで獲得する事ができます(預入期間6ヵ月・利率1.5%)。

ただし2019年1月現在、「PeXポイント定期預金」は人数限定で受付をしていて、毎月月初の募集がはじまるとあっという間に募集が締め切られる状態が続いています。申し込みに成功したらラッキー、ぐらいにお考え下さい。

PeX(ペックス)定期預金

⑦PeX投資


PeX(ペックス)では、貯まったポイントを「PeX投資」に運用する事も可能です。ただしコチラは元本割れするリスクがありますので、内容を理解したうえでのご利用をオススメします。

ただし2019年1月現在、「PeX投資」は何かしらの案件に参加できる状態が続いています。

PeX(ペックス)投資

⑧ECナビポイントを手数料無料でリアルタイム交換できる


PeX(ペックス)を運営する株式会社VOYAGE MARKETINGは、オトクなポイントサイト「ECナビ」を運営する株式会社VOYAGE GROUPと同じグループ企業となっています。

▶ECナビのメリット・デメリットを全力でまとめました【2019年最新版】

ECナビで貯まったポイントはリアルタイムでPeX(ペックス)ポイントに交換可能です。

PeXのデメリット


PeX(ペックス)のデメリットとしては

・現金に交換する場合、必ず手数料が発生する

となります(Amazonギフト券など、手数料無料で交換できる交換先もあります)。

同じポイント交換中継サイトのドットマネーでは手数料無料で現金化するルートがあるのに対して、PeXの場合は例えば楽天銀行への交換の場合、1回当たり500pt(50円相当)が手数料として必要となります。

▶ドットマネーとは?手数料無料のポイント交換中継サイトを解説します【メリット・デメリット】

PeX(ペックス)とドットマネーの両方がポイント交換ルートとして選択できるポイントサイト、お小遣いサイトも多いので、皆様のライフスタイルに合わせてポイント交換中継サイトをお選びください。

ドットマネーとの比較


デメリットの項目でもご案内した通り、ドットマネーと比較した場合にPeX(ペックス)は現金への換金時に手数料が発生するデメリットがあります。

ただPeX(ペックス)を運営する株式会社VOYAGE MARKETINGがJIPC(日本インターネットポイント協議会)に所属しているのに対して、ドットマネーを運営する株式会社ドットマネーはJIPC非加盟という部分もあります。

▶JIPC(日本インターネットポイント協議会)


PeX(ペックス)とドットマネーを比較した一覧表も作成致しました。






サイト名 PeX ドットマネー

交換手数料(現金) 手数料必要 無料

交換手数料(その他) 項目による

最低交換金額(現金) 500円 1,000円

最低交換金額(その他) 11円 10円

LINEポイント Amebaコイン

有効期限 最終ログインから一年間 6ヵ月(通常のマネー)

翌月末(コツコツ案件)

当月末(増量キャンペーン分)

JIPC 加盟 非加盟





※2019年1月1日現在の情報です。


ポイントサイト対応先一覧


またポイントサイトがどちらのポイント交換中継サイトに対応しているのか?一覧表も作成致しましたのでご参考ください(管理人が使用している範囲内の情報です)。






ポイントサイト名 PeX ドットマネー

ちょびリッチ

ポイントタウン ×

ECナビ ×

ポイントインカム

ハピタス

ライフメディア ×

すぐたま × ×

colleee

モッピー

お財布.com ×

えんためねっと × ×

げん玉

GetMoney!

i2iポイント





※2019年1月1日現在の情報です。


PeXをはじめましょう


いかがだったでしょうか?繰り返しになりますが、ポイント中継サイトとしてはドットマネーという選択肢もあります。我々ユーザーとしましてはどちらのポイント中継サイトをつかえばいいのだろう…?という考えになると思うのですが、管理人的には2つのサイトを併用するのがオススメだと考えています。

それぞれでしか提携していないポイントサイトもありますし、PeX(ペックス)もドットマネーも独自のポイント増量キャンペーンを実施する事もあります。どちらも無料で運用できますのでぜひ両方登録してみてください!

▶PeX(ペックス)公式サイト


PeXの交換先一覧


PeX(ペックス)の交換先を一覧表にまとめましたので、ご参考ください(2019年1月1日現在の情報です)。







ポイント交換先 最低交換ポイント数 手数料 交換日数

ポイント交換上限

楽天銀行 5,000pt 500pt リアルタイム~数時間

1,000,000pt/回

ゆうちょ銀行 5,000pt 500pt 翌25日

1,000,000pt/回

みずほ銀行 5,000pt 500pt 翌25日

1,000,000pt/回

住信SBIネット銀行 5,000pt 500pt 翌25日

1,000,000pt/回

ジャパンネット銀行 5,000pt 1.000pt 翌25日

1,000,000pt/回

その他銀行 5,000pt 2,000pt 翌日~1週間程度

1,000,000pt/回

Amazonギフト券 990pt 無し 7日前後

不明

Cecileポイント 1,000pt 無し 翌日~1週間程度

1,000,000pt/回

ベルメゾンポイント 1,000pt 500pt 2~4日後

1,000,000pt/回

ヤマダポイント 1,000pt 無し 翌月15日前後

1,000,000pt/回

Vプリカ 5,000pt 1.000pt 7日前後

不明

ニッセンポイント 5,000pt 無し 翌月上旬

50,000pt/回

楽天ポイント 1,000pt 500pt 2日前後

1,000,000pt/回

PONTAポイント 1,100pt 無し 3日前後

1,100,000pt/回

LINEポイント 110pt 無し 3営業日以内

990,000pt/回

ワールドプレゼント 1,000pt 無し 翌月25日前後

1,000,000pt/回

ちょコムポイント 1,000pt 500pt 翌月上旬

10,000pt/回

nimocaポイント 1,000pt 無し 翌月15日前後

1,000,000pt/回

リクルートポイント 1,000pt 500pt 1〜2日

10,000pt/回

nanacoポイント 1,000pt 500pt 8日程度

10,000pt/回

WAONポイント 1,000pt 無し リアルタイム~数時間

10,000pt/回

Tポイント 1,000pt 500pt 1週間程度

10,000pt/回

BitCash 5,000pt 無し 7日前後

不明

Web Money 5,000pt 500pt 7日前後

不明

楽天Edy 1,000pt 1.000pt 7日前後

250,000pt/回

ANAのマイル 1,000pt 無し 翌月下旬

1,000,000pt/回

JALのマイル 4,000pt 無し 翌月中旬

1,000,000pt/回

スターフライヤーのマイル 2,000pt 500pt 翌月1週間以内

1,000,000pt/回

ユナイテッド航空のマイル 4,000pt 無し 翌々月

1,000,000pt/回

デルタ航空のマイル 4,000pt 無し 翌々月

1,000,000pt/回

ANA SKY コイン 1,000pt 500pt 2〜3日程度

1,000,000pt/回

App Store & iTunes コード 4,900pt 無し 7日前後

不明

Google Play ギフトコード 990pt 無し 10日前後

不明

ビットコイン 5,000pt 無し リアルタイム

1,000,000pt/回

Pollet 2,000pt 500pt 数時間程度

300,000pt/回






※2019年1月1日現在の情報です。



※この記事は2019年1月1日時点での情報をもとに作成されています。




ドットマネーとは?手数料無料のポイント交換中継サイトを解説します【メリット・デメリット】   

2018.12.01 00:00 | ドットマネー

本日はポイント交換中継サイトのドットマネー(.money)について解説します。ドットマネーは1マネー=1円換算です。

ドットマネー

▶ドットマネー公式サイト



ドットマネーと言えば運営会社である株式会社ドットマネーは、アメブロで有名なサイバーエージェントの関連会社です。

本日の記事ではドットマネーの使い方やメリット・デメリットなどを簡単にご紹介して参ります。


とりあえずドットマネーに登録したい方


「ドットマネーの事は大体わかるので、登録する入り口だけ教えて~」というような方向けに、まずはドットマネーの公式サイトをご案内しておきます。

ドットマネーに新規登録するやり方は

①メールアドレスで登録する(Amebaに登録)
②SNSアカウントなどで登録する

の2種類です(メールアドレスで登録する場合は「Ameba」に登録する事でドットマネーを利用する事ができます)。どちらで登録するのか決まったら、下記公式サイトから新規登録してください。

▶ドットマネー公式サイト ログインページ


ドットマネーは「ポイント交換中継サイト」です


ドットマネーはポイントサイトやお小遣いサイトなどで貯めたポイントを、現金や電子マネーなどに交換する時に使用する中継サイトです。

皆さんがネットで貯めたポイントが手元の現金になるまでの流れを説明すると、

①お小遣いサイトでポイントを貯める

②貯まったポイントをドットマネーに交換する

③ドットマネーを現金に交換する

という手順になります。この流れを経由せずにお小遣いサイトで貯めたポイントを直接現金化できるパターンもあります。

ただポイントサイトやお小遣いサイトの事情で、直接換金できる交換先を設けていない場合があったり、現金への交換先があったとしても交換手数料が必要な場合もあります。

この後解説しますが、ドットマネーでは「手数料無料で換金できる」という大きなメリットがあります。もし皆様がご利用のポイントサイトやお小遣いサイトのポイント交換先にドットマネーがラインナップされている場合は、このメリットを生かすことが出来ますので、覚えておいて損は無いと思います。

ドットマネーのメリット


さて、そんなポイント交換中継サイトドットマネーですがメリットを4つご紹介します。

①完全無料ですぐに登録できます!


ドットマネーは入会も、年会費も完全無料で登録できます。メールアドレスさえ準備すれば、あとはサイトの案内に従って登録を進めるだけです(SNSアカウントなどで登録する事も可能です)。

登録後は16桁のドットマネー口座番号が与えられ、お小遣いサイトなどからのポイントをドットマネー口座に交換する時に使用します。

②交換手数料が無料!


ドットマネー、一番のオススメポイントだと思います。ドットマネーは全ての交換作業を手数料無料で対応しています。

まず「お小遣いサイト→ドットマネー」の交換が無料で行えます。

ドットマネー 交換手数料無料


さらに「ドットマネー→現金や電子マネー」の交換も無料です。

ドットマネーから現金・電子マネーへの交換

③期間限定での増量キャンペーンが豊富!


先ほどの項目でお小遣いサイトからドットマネーへの交換手数料が無料とご案内しましたが、2019年1月現在、実は無料どころか増量になるキャンペーンが数多く実施されています。

下の画像は直近で開催されていたげん玉のポイント交換で5%増量になるキャンペーンです(げん玉ポイント20,000ptまでが増量対象)。

げん玉→ドットマネー交換

④サイト内のコツコツ案件などで、チリツモでマネーが貯まる


ドットマネーではスクラッチや広告動画視聴などで、毎日コツコツチリツモでポイ活する事が出来ます。下記記事内でコツコツ案件のやり方について解説しています。

▶ドットマネー特集第二弾 コツコツ案件で稼ぐ編

またポイントサイトと同じようにショッピングやサービス利用などPeXポイントが貯まるコンテンツもあります。

▶「ポイントサイト」とは何か?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説します【ポイ活】

コツコツ案件やショッピング、サービス利用は「ドットマネーモール」というページからアクセスします。ドットマネーTOPページの最下段に「ドットマネーモール」というパネルがありますので、そこからアクセス可能です。

URL的には「https://d-money.jp/mall」になりますので、ブックマークなどしてアクセスしやすくしても良いかと思います。

▶ドットマネーモールはコチラ


ドットマネーのデメリット


ドットマネーのデメリットは以下の通りです。

①有効期限に要注意!


簡易人が把握している範囲では、ドットマネーで付与されるマネーの有効期限は下記の3パターンです。

①通常のマネー(お小遣いサイトなどから交換したマネー):6ヵ月

②スクラッチで貯めたマネー:翌月月末

③増量キャンペーンで獲得したマネー:当月月末

率直にドットマネーの有効期限はかなり短いと思います。有効期限が切れたら当然マネーは消滅しますので、こまめに換金するなどして有効期限切れにならないようにしましょう

ただ③のキャンペーン増量分は特に有効期限が短いです。ですので、③で獲得したマネーをこまめに換金する場合は都度換金できるだけのマネーを所持しておく必要があると思います。矛盾する考え方になりますが、数千円程度のマネーはプールしておくのもやり方のひとつです。

②現金への交換は1,000円相当から


ドットマネーを現金に交換する場合は1,000円(1,000マネーから)が最低交換金額となります(2,000円からの銀行もあります)。

この後の項目で解説しますが、同じようなポイント交換中継サイトのPeXでは500円相当から換金可能です(ただし手数料が発生します)。

PeX(ペックス)との比較


ドットマネーと同じようなポイント交換中継サイトとしては「PeX(ペックス)」もあります。ドットマネーとPeXを比較すると、

・PeXでは現金への交換手数料が発生する

・PeXでは500円相当から換金できる

・PeXではサイトに毎日ログインするだけで有効期限が延長される

などの特徴があります。有効期限などの面ではPeXのほうが有利だと思いますが、手数料や増量キャンペーンを考慮にするとドットマネーの利用をオススメ致します(こまめに換金する事を前提)。






サイト名 PeX ドットマネー

交換手数料(現金) 手数料必要 無料

交換手数料(その他) 項目による

最低交換金額(現金) 500円 1,000円

最低交換金額(その他) 11円 10円

LINEポイント Amebaコイン

有効期限 最終ログインから一年間 6ヵ月(通常のマネー)

翌月末(コツコツ案件)

当月末(増量キャンペーン分)

JIPC 加盟 非加盟





※2019年1月1日現在の情報です。


PeXがJIPC(日本インターネットポイント協議会)に所属しているのに対して、ドットマネーを運営する株式会社ドットマネーはJIPC非加盟です。

▶JIPC(日本インターネットポイント協議会)


ポイントサイト対応先一覧


またポイントサイトがどちらのポイント交換中継サイトに対応しているのか?一覧表も作成致しましたのでご参考ください(管理人が使用している範囲内の情報です)。






ポイントサイト名 PeX ドットマネー

ちょびリッチ

ポイントタウン ×

ECナビ ×

ポイントインカム

ハピタス

ライフメディア ×

すぐたま × ×

colleee

モッピー

お財布.com ×

えんためねっと × ×

げん玉

GetMoney!

i2iポイント





※2019年1月1日現在の情報です。


ドットマネーをはじめましょう


いかがだったでしょうか?繰り返しになりますが、ポイント中継サイトとしてはPeX(ペックス)という選択肢もあります。我々ユーザーとしましてはどちらのポイント中継サイトをつかえばいいのだろう…?という考えになると思うのですが、管理人的には2つのサイトを併用するのがオススメだと考えています。

それぞれでしか提携していないポイントサイトもありますし、PeX(ペックス)もドットマネーも独自のポイント増量キャンペーンを実施する事もあります。どちらも無料で運用できますのでぜひ両方登録してみてください!

ドットマネーに新規登録するやり方は

①メールアドレスで登録する(Amebaに登録)
②SNSアカウントなどで登録する

の2種類です(メールアドレスで登録する場合は「Ameba」に登録する事でドットマネーを利用する事ができます)。どちらで登録するのか決まったら、下記公式サイトから新規登録してください。

▶ドットマネー公式サイト ログインページ


※SNSアカウントは楽天ID、Yahoo!ID、Facebook、Twitter、GoogleID、mixiIDで新規登録可能です。

ドットマネーの交換先一覧


ドットマネーの交換先を一覧表にまとめましたので、ご参考ください(2019年1月1日現在の情報です)。

交換上限に関しては不明ですが、楽天銀行に関しては最高で一度に10万マネー(10万円相当)を換金した実績あります(管理人調べ)。








ポイント交換先 最低交換ポイント数 手数料 交換日数



楽天銀行 1,000マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行 1,000マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



ゆうちょ銀行 1,000マネー 無料 7営業日以内(土日・祝日を除く)



その他銀行 2,000マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



Amebaコイン 10マネー 無料 リアルタイム



PayPal 300マネー 無料 6営業日以内(土日・祝日を除く)



ポレット(Pollet) 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



バンドルカード 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



Amazonギフト券 297マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



iTunesギフトコード 490マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



ビットキャッシュ 294マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



NET CASH 485マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



Vプリカ 500マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



WebMoney 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



nanacoポイント 300マネー 無料 4営業日以内(土日・祝日を除く)



JALマイレージバンク 500マネー 無料 1~15日申請分は申請月の下旬頃、16~末日申請分は翌月の上旬頃



Tポイント 1,000マネー 無料 4営業日以内(土日・祝日を除く)



dポイント 300マネー 無料 6~8週間



WALLET ポイント 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



ANAマイレージクラブ 300マネー 無料 交換申請月の翌月9日頃(土日・祝日を除く)



ココナラポイント 300マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



Google Play ギフトコード 500マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



StockPoint 100マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



ドコモ口座 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



楽天Edy 1,000マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



リクルートポイント 300マネー 無料 5営業日以内(土日・祝日を除く)



WAONポイント 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



CNポイント 1,000マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)



読書ポイント 300マネー 無料 3営業日以内(土日・祝日を除く)








※2019年1月1日現在の情報です。



※この記事は2019年1月1日時点での情報をもとに作成されています。




ドットマネーモールで、毎日コツコツチリツモでポイ活するやり方です【スクラッチ】 

2018.12.01 00:00 | ドットマネー

本日はオトクなポイント交換中継サイトのドットマネー(.money)で、コツコツとチリツモでポイ活するやり方をご紹介したします。

ドットマネーモール

▶ドットマネー公式サイト



ドットマネーはポイントサイトやお小遣いサイトなどで貯まったポイントの交換中継サイトとしてご利用頂けます。

▶ドットマネーとは?手数料無料のポイント交換中継サイトを解説します【メリット・デメリット】

上記記事内でも解説していますが、ドットマネーに登録すると「ドットマネーモール」でマネーを貯める事ができます。今回の記事ではドットマネーモールでマネーを貯めるやり方をピックアップしてご紹介致します。


ドットマネーモールにアクセスしよう


まずドットマネーモールにアクセスするやり方の解説です。ドットマネーTOPページの最下段に「ドットマネーモール」というパネルがありますので、そこからアクセス可能です。

URL的には「https://d-money.jp/mall」になりますので、ブックマークなどしてアクセスしやすくしても良いかと思います。

▶ドットマネーモールはコチラ


①スクラッチで毎日最低1マネー稼ぐ


ドットマネーモールの名物企画です。PC版・スマホ版両方でラインナップされていますが、どちらか一方の端末でしか取り組めません(どちらかでスクラッチを削るとその日は終了)。

PC版:ドットマネーモールTOPページ右側のメニュー「スクラッチで1~3マネー」選択

スマホ版:ドットマネーモールTOPページの「スクラッチ」選択

です。6つのスクラッチのうち3つ削れるので削りましょう。1~3マネーが貰えます。スクラッチは毎日0時に更新されて一日一回取り組めます。必ず1マネーは当たりますので毎日やってみて下さい!

ドットマネーモール スクラッチ


②広告動画視聴で1マネー稼ぐ(スマホ版限定)


スマホ版のドットマネーモール限定で「動画視聴」というコンテンツがあります。コチラは

広告動画視聴

視聴完了後に表示されるボタンタップ

アプリストアなどに移動

で1マネーが貰える内容です(もちろんアプリをインストールなどする必要はありません)。

動画視聴は通信量に気を付けなければいけませんが、基本的にはほったらかしでも問題ありませんので、スキマ時間などに広告動画を視聴するようにしましょう。

「動画視聴」も毎日0時に更新されて一日一回取り組めます。

ドットマネーモール 広告動画視聴


③レシート投稿(ドットマネーモニター)で貯める


ドットマネーモールでは対象商品のお買い物レシート情報送信でマネーを貯める事もできます。

PC版:ドットマネーモニター
スマホ版:レシート投稿

というコーナー名になっていますので、お買い物の前にぜひチェックしてみて下さい。

ドットマネーモニター


当ブログではお買い物のレシート情報送信でポイ活できるアプリ10個を比較した記事もご紹介しています。下記記事もご参考ください。

▶ポイントが貯まるレシートアプリ10個を徹底比較しました。【管理人オススメ】


④広告利用で貯める


ドットマネーモールではポイントサイトと同じように、ショッピングやサービス利用でマネーを貯める事も可能です。

▶「ポイントサイト」とは何か?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説します【ポイ活】

スマホ版ドットマネーモールの場合は、下部メニューの「広告で貯める」から案件一覧ページにアクセス可能です。

マネーの有効期限に注意!


ドットマネーモールを使用する際の注意点ですが、スクラッチなどで貯めたマネーは有効期限が短くて付与された月の翌月末までとなっています(ショッピングなどの広告利用などで獲得したマネーは6ヵ月間)。

獲得したマネーが有効期限切れなどにならないよう、計画的に換金・交換するなどして下さい。


ドットマネーをはじめましょう


いかがだったでしょうか?ドットマネーモールではチリツモでポイ活できる要素がありますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい。

ドットマネーに新規登録するやり方は

①メールアドレスで登録する(Amebaに登録)
②SNSアカウントなどで登録する

の2種類です(メールアドレスで登録する場合は「Ameba」に登録する事でドットマネーを利用する事ができます)。どちらで登録するのか決まったら、下記公式サイトから新規登録してください。

▶ドットマネー公式サイト ログインページ


※SNSアカウントは楽天ID、Yahoo!ID、Facebook、Twitter、GoogleID、mixiIDで新規登録可能です。

チリツモでポイ活できる情報


最後に当ブログでご紹介している、チリツモで毎日コツコツポイ活できる情報をまとめた記事を貼っておきます。「ログインするだけ」などの効率的な情報もありますので、ぜひご参考ください^^

▶ログインするだけでポイントが貯まるサービスをまとめました。【ポイ活】


※この記事は2018年12月31日に内容を更新しました。




インスタでポイ活
wowma

インスタ使ってポイ活にチャレンジ中なので、フォローして頂けると喜びます^^
wowma
最新記事一覧
【不正アクセス&個人情報流出情報追記】簡単2択アンケートでサクサク貯まる!ポケットアンとケイトのご紹介 2019/05/25
楽天カード作成が、どのポイントサイトを経由するとオトクか比較【2019年5月】【ポイ活】 2019/05/25
iPhoneSEでメルペイデビューした結果…【コード払い】【7月からセブンイレブンで使える】 2019/05/24
メルカリのお買物は、どのポイントサイト経由がオトクか?比較です【リピートOK案件アリ】 2019/05/24
BitStock(ビットストック)というポイントサイトっぽいアプリを潜入調査【仮想通貨貰える?】 2019/05/22

オススメポイントサイト

ポイントサイトは日々のネットでの生活をオトクにしてくれるサイトです。ポイントサイトって何?の記事もご参考ください。


GMOグループが運営する安心のポイントサイトはポイントタウンです。貯めたポイントは手数料無料で100円から換金可能で、家族紹介でもポイントが貰えます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



当ブログ経由でGetMoney!(げっとま)登録するといきなり200円GETです!げっとまはヤフショのお買い物が業界最高還元です。

げっとま無料登録



ポイントインカムも当ブログ経由がオトクです!ポイントインカムに毎日ログインするだけで500円稼ぐやり方などはコチラ

ポイントインカムバナー



2019年4月よりすぐたま公認ブログとなりました。下のバナー経由の無料登録で最大2,500円相当のオトクGETのチャンスです!

公認ブログ限定!最大5,000mileGET!

ネットで「稼ぐ」方法5つ

スマホ・パソコンでオトクにお小遣いを稼ぐ5つのオススメの方法です。



「アンケートで稼ぐ」ならマクロミルがオススメです

マクロミル



「レシートで稼ぐ」17個のアプリ・サービスをまとめました

レシート



「インスタで稼ぐ」画像を使ってポイ活するやり方です
レシート



「ネット銀行口座開設で稼ぐ」3つの銀行を比較しました

ネット銀行



「クレジットカード作成で稼ぐ」場合はタイミングが重要です

クレカ