FC2ブログ

節約ミックスジュース

・オトクな節約情報を追いかけます!

カウントフリーなるスマホ節約術【格安スマホ・格安SIM・MVNO】 

2019.01.05 03:30 | ●スマホ代金を節約

当ブログでも不定期で格安スマホのご紹介をしておりますが、スマホのサービスは日進月歩で進化しているようで、のんびりしているとあっという間に時代に取り残されそうです。

今回の記事ではカウントフリーというコトバから節約方法を考察いたします。

スマホ


カウントフリーとは?


スマホ関連情報を調査していると気になるワードを見つけたのでご紹介。そのワードが、

カウントフリー

皆さんご存知でしたでしょうか?インターネット記事をぶどうパン片手に斜め読みするような管理人の場合、当たり前のようにクエスチョンマークが頭の上に浮かぶのですが、この言葉なにやら節約に繋がる意味を持っているようです。

具体的にはスマホの対象となるサービス・アプリに限定して、通信量をカウントしないサービスということです。

皆さんはスマホで何をしてますでしょうか?やはりSNSやYouTubeなどを利用されている方が多いんじゃないかと思います。

カウントフリーの対象は、そんな皆さんのライフスタイルに合わせて日々拡大していて、皆さんがスマホで利用しているそのサービスが限定的にギガ数を気にせず使い放題になるかもしれないんです。節約に繋がりそうですよね!

というコトで、ここからは2019年1月現在で利用可能なカウントフリーサービスを、通信業者別にピックアップしてご紹介致します。

①UQモバイル:ターボ機能OFF


今回ご紹介する通信業者の内、唯一格安スマホというよりは「セカンドブランド」と言えるのがUQモバイルです。UQモバイルはauのサブブランドで、一般的な格安スマホと比較して通信品質などが安定しているのが特徴です。

また基本的に音声通話かけ放題サービスが必ずセットになっていて、月額料金が大手三社と格安スマホの中間程度となります。

UQモバイルでは「節約モード」を利用することが出来て、節約モード中はデータ消費量がカウントされません(送受信が最大300Kbpsの通信速度となります)。

ほとんどの節約モードではほとんどのSNSをほぼストレス無く使用することが出来ますし、MP3のビットレートが128kbps程度であれば、音楽ストリーミングも可能です。

カウントフリー UQモバイルの節約モード


当ブログでは、UQモバイルにオトクに新規申し込みするやり方を不定期でご紹介していますので、下記記事もご参考下さい。

▶UQモバイルはどのポイントサイトを経由すればオトクか?比較です【毎月更新】


②LINEモバイル:全プランでLINE使い放題


皆さんご存知、LINEがお届けする格安スマホですね。調べましたところLINEモバイルは全プランでカウントフリーサービスがセットでついてくるんです。

他の格安スマホ業者だとGB数の多い少ないで料金プランを選ぶのが主流だと思いますが、2019年時点でLINEモバイルの場合は、なんとカウントフリーのサービス内容で料金プランを提案するスタイルになっています。

料金プランは大きく3つの提案スタイルに分かれていまして、

LINEフリープラン:LINE使い放題

コミュニケーションフリープラン:LINEの他、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題

MUSIC+プラン:LINE MUSICに加えて主要SNSが使い放題

となっています。

LINEフリープランのデータ通信SIMだと1GBの高速データ付きで月額500円で運用可能です。最も割高なMUSIC+プランだと3GBの高速データ付きで月額1,810円です。通話をLINEで賄うような方にとってはこれは革新的なのかもしれません。

LINEモバイル カウントフリー


LINEモバイルにオトクに申し込むやり方は、下記記事ご参考ください(管理人もLINEモバイルに契約しましたので、招待URLご利用頂けます^^)。

▶LINE MOBILE(ラインモバイル)はどのキャンペーン、ポイントサイトがオトクか比較【招待URLアリ】


③DMMモバイル:SNSフリーオプション


業界最安級の月額440円プラン(データSIM低速プラン)をラインナップするDMMモバイルでは、オプションでSNSフリーを追加することが出来ます(月額:税抜き250円)。

DMMモバイルのSNSフリーオプションで通信量がカウントゼロとなるサービスは、

・LINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagram

の5つのとなります。

ただDMMモバイルのSNSフリーオプションは、データ容量3GB以上で契約される方のみ利用可能となっています。DMMモバイルのデータSIMの場合、3GBプランは月額が税抜き850円となりますので、SNSフリーオプションを追加すると月額合計は税抜き1,100円となります。

カウントフリー DMMモバイルのSNSフリーオプション


また、DMMモバイルでは高速データ通信をOFFに設定している場合でも、はじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」も利用できます。

DMMモバイル申込をオトクに利用できるポイントサイトにつきましては、下記記事ご参考ください。

▶DMMモバイルはどのポイントサイトを経由すればオトクか?比較です【毎月更新】


④BIGLOBEモバイル:エンタメフリーオプション


NTTとauのマルチキャリア対応の格安スマホBIGLOBEモバイル(BIGLOBEスマホ)では、主要動画サービス、音楽サービスを通信量無制限で利用できるエンタメフリーオプションが利用できます。

利用できるサービスは、

・YouTube
・YouTube Music
・Google Play Music
・Apple Music
・AbemaTV
・Spotify
・AWA
・radiko.jp
・Amazon Music
・U-NEXT
・YouTube Kids

の11のサービスとなっていて、YouTubeや音楽配信サービスを日常的に利用される方などに特にオススメです。

BIGLOBEスマホのエンタメフリーオプションは、3GB以上のプランを契約する方が対象となっていて、オプションの月額料金は、

・音声通話SIM:SIM1枚毎に480円(税別)
・データSIM:SIM1枚毎に980円(税別)

となります。

2019年2月3日まで最大3ヵ月無料


BIGLOBEモバイルでは新規にBIGLOBEモバイル(音声通話SIM)に申し込む方限定で、2019年1月4日~2019年2月3日の期間、エンタメフリーオプションが最大3ヵ月間無料になるキャンペーン実施中です。

無料期間中にオプションを解約すればオプション料金はかかりませんので、2月3日までにBIGLOBEモバイルに申込する方はお見逃しなくご利用ください!

BIGLOBEモバイルは3GB以上のプランに申し込みする場合、

・モッピー
・ハピタス


のポイントサイト経由がオススメです。下記解説記事ご参考ください。

▶BIGLOBEモバイル×モッピー タイアップキャンペーンのご紹介【1月31日まで】

▶ハピタス×BIGLOBEモバイル コラボ企画のご紹介【2019年2月3日まで】


BIGLOBEモバイル カウントフリーオプション

エンタメフリーオプションの注意事項


BIGLOBEモバイル公式サイトに記載されているエンタメフリーオプションの注意事項は下記のとおりです。

・同時に1サービスまでの視聴が対象。複数台・複数アプリでの同時視聴を行うと、エンタメフリーの対象外となる場合アリ。

・対象サービスのコンテンツ事業者が提供する公式アプリ以外による再生は対象外となる場合アリ。

・本サービスにおける動画視聴はスマートフォンを対象としており、タブレット等の大画面での視聴、ブラウザによる視聴、高音質な音声の再生には適しておりません。また、利用機器、電波の状態、回線の混雑状況、ご利用エリアなどにより画質が低下することがあります。


まとめ


いかがだったでしょうか?カウントフリーは自分に見合ったサービスを見つけ出せればオトクに利用できそうです。引き続きカウントフリーで節約できそうな情報をみつけたらこのブログでご報告して参ります!


※この記事は2019年1月5日に内容を更新しました。






ワイモバイル(Y!mobile)のメリット・デメリットを全力でまとめました。【格安スマホ】 

2019.01.01 00:18 | ワイモバイル

本日はワイモバイル(Y!mobile)のメリット・デメリットについて、2019年1月現在の情報をまとめましたのでご紹介します。



Y!mobileオンラインストアはこちら


ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。大手三社と格安スマホの中間的な位置づけとなり、格安スマホに匹敵する料金体系でありながら高品質な通信回線を提供します。

ワイモバイルに乗り換えたい、という方はドコモ・au・ソフトバンクといういわゆる三大キャリアの携帯会社と現在契約してる方が多いと思いますが、実はMVNOと呼ばれる格安スマホから乗り換えする方もいるんですね。

ワイモバイルよりは格安スマホのほうが安いのに?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではワイモバイルのメリットとデメリットを分析しますので、ワイモバイル乗り換えたい方はぜひご参考ください。


ワイモバイルのメリット


早速ワイモバイルのメリットからご紹介して参ります。

①安い


2019年1月現在、最も安いスマホプランSだと月額1,980円(二年目以降は2,980円)で音声通話付きスマホ運用できます。二年間の合計料金は59,520円なので24ヵ月で平均すると実質的な月額負担額は2480円となります。

※ワイモバイルでは以前は三年目以降の月額料金がUPするシステムでしたが、2019年現在では2年目以降の月額料金は一定額となっています。

さらにおうち割光セット(A)や家族割を併用すれば最初の一年間は月額1,480円での運用も可能です。








プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL

一年目 月額料金 1,980円 2,980円 3,980円

GB数 3GB 9GB 21GB

二年目 月額料金 2,980円 3,980円 4,980円

GB数 3GB 9GB 21GB

三年目 月額料金 2,980円 3,980円 4,980円

GB数 2GB 6GB 14GB







※2019年1月現在の情報です。


GB数については新規契約・MNP・機種変更すると、「データ増量無料キャンペーン」が適用されて二年間1.5倍増量されて使用する事が可能です(増量分は手動で追加する必要アリ)

データ増量無料キャンペーン

②無料通話がついてくる


①で計算した月額2480円には、1回10分までの無料通話がついてきます。無料通話は回数の制限なく利用できますので、実質通話代金はゼロとなります。

③通信速度、品質が安定している


格安スマホからワイモバイルに乗り換えたい、という方はこの理由が多いです。管理人もワイモバイルとMVNO両方使いましたが通信速度、音の品質ともに素人でもわかるぐらいの差があります。

ただ私は品質を落としてでも節約を重視したかったので現在は楽天モバイルとLINEモバイルを使っています。

▶楽天モバイルはどのポイントサイトを経由すればオトクか?比較です【ポイ活】

▶LINE MOBILE(ラインモバイル)はどのキャンペーン、ポイントサイトがオトクか比較【招待URLアリ】

逆に言うと三大キャリアからワイモバイルに転入したい方は通信速度、品質に関してはあまり心配は必要無いと思います。

④魅力的な機種が使える


iPhone、Nexus 、Android Oneなどの魅力的な機種を取り扱っています。2018年12月よりIPhone 7の取り扱いも始まりました。

ワイモバイル IPhone7

⑤オンラインストアなら365日24時間申込可能


ワイモバイルオンラインストアを利用する場合、365日24時間いつでも契約の申込が可能です。

ワイモバイルのデメリット


続いてワイモバイルのデメリットです。

①無料通話無しのプランが無い


ワイモバイルでは月額料金に無料通話を含んでいて外すプランがありません。ワイモバイルのメリットは無料通話をある程度することが前提でないと享受できないとなります。

わかりやすく言いますと「そんなに電話しない人はワイモバイルは向いていないかも」ということです。電話する人でも品質を気にしないなら最近は無料通話アプリなんかもありますよね。

②データ通信の使用量を次月に繰り越せない


最近では契約GB数に届かなかった分のGB数は次月に繰り越せる通信会社が増えましたが、ワイモバイルでは繰り越せません。

③二年縛り


ワイモバイルでは契約してから25ヵ月後に契約更新月が2ヵ月間あって、その2ヵ月間でしか無料で契約を解除することができません。契約更新月以外の解約は、解約金9,500円(税抜)が発生します。

その2ヵ月間に契約を解除しない場合は契約が自動更新されるので次の無料契約解除期間が来るまでにまた2年かかることになります。ワイモバイルの場合、長期利用者特典はほとんどありませんのでほっておくと一番安いプランでも永遠に月額2980円が発生し続けます。

またワイモバイルでは端末購入代金をサポートしてくれる「月額割引」システムが存在しますが、ワイモバイルを解約すると当然月額割引も解除となり、以降端末購入代金の支払いが発生する場合がありますので注意が必要です。


まとめ


ご紹介したワイモバイルのメリット・デメリットを踏まえて、以下の通りまとめました。

・毎月ある程度の音声通話は必要で、多少のコストはかかっても品質を求める方はワイモバイル

・音声通話の必要性があまり無く、品質を落としてでもスマホの料金に安さを追求する方は格安スマホ



ワイモバイルをオトクに申し込みするやり方


最後にワイモバイルをオトクに申し込みするやり方もご紹介しておきます。

ポイントサイトを経由する(スマホ/Pocket WiFi/ケータイ)


スマホ/Pocket WiFi/ケータイなどの端末とセットでの申込はポイントサイト経由がオトクです。ポイントサイト経由でワイモバイル端末セットに申し込むとポイントサイトの還元ポイントを獲得可能です。

2019年1月現在はモッピー経由のワイモバイル申し込みが最もオトクで、3,500円相当のポイントを獲得可能です。

▶ワイモバイルはどのポイントサイトを経由すればオトクか?比較です【毎月更新】

モッピー ワイモバイル

オンラインストアを経由する(MNPで音声SIM契約)


2019年1月現在、ワイモバイルの音声通話SIMをMNP契約する方はオンラインストアでの申し込みがオトクで。「特別割引」として契約の当月以降の請求額から最大10,000円(税込)を割引きされます(終了日未定のキャンペーンなのでご注意下さい)。

※割引額が割引対象料金を超えた場合、超過分は翌請求月に繰り越します。

下のバナーから料金シミュレーションできますので、ぜひやってみて下さい。「のりかえ」を選択してシミュレーションすると一番下に10,000円割引情報が表示されます。

音声通話SIMをMNP契約したい方はコチラ
▼    ▼    ▼




ワイモバイル 注意書き

SIMスターターキット


2019年1月現在、ワイモバイルでは「SIMスターターキット」を購入する事が可能です。SIMスターターキットを使用すると契約事務手数料が割引されますが、オンラインストアの割引特典を併用できるか不明ですので、参考情報としてお持ち帰りください。




▶楽天市場でワイモバイルSIMスターターキットをお求めの方はコチラ

▶Yahoo!ショッピングでワイモバイルSIMスターターキットをお求めの方はコチラ

割引など必要無いので、まっすぐオンラインストアにアクセスしたい方


ポイントサイトなどの特典は必要無いので、まっすぐワイモバイルオンラインストアにアクセスしたい方向けの入り口もご用意しておきましたので、必要な方はご利用ください。

ワイモバイルオンラインストアはコチラ
▼    ▼    ▼




※この記事は2019年1月5日に内容を更新しました。




LINE MOBILE(ラインモバイル)はどのキャンペーン、ポイントサイトがオトクか比較【招待URLアリ】 

2019.01.01 00:00 | 格安スマホ

本日はLINE MOBILE(ラインモバイル・ライモバ)の契約がどのキャンペーン、ポイントサイトを経由すればオトク、オススメなのか比較しましたのでご紹介します。

LINEモバイル

急ぎでオトクをご利用する方向け


まず既にLINEモバイルのキャンペーンをご理解されていて、急ぎでオトクをお探しの方に2つのオトクを記述しておきますので、必要な方はご利用ください。

①LINEモバイル公式のキャンペーンコード→「TMTM0404

②管理人のお友達紹介キャンペーン用URL(01月19日06:11まで有効)→コチラ

※URLが使えない場合、二回タップ(クリック)すると使える場合があります。

※二回タップ(クリック)しても使えない場合は、どなたか既にご利用済みの可能性が高いです。次の日以降の新しいURLをお待ち頂くなどして下さい。



まずは結論(最新のオトク情報)から


先に結論からになりますが、2019年1月現在でLINEモバイルをオトクに契約する方法は、

①キャンペーンコードを入力してLINEポイントを貰う

②お友達招待経由で契約して事務手数料を割引

③エントリーパッケージを購入して、事務手数料無料

④バリューポイントクラブ経由で申し込む(ポイントサイト)


※LINEポイントはLINEモバイル料金の支払いに充当できます。

の4種類となります。この4つのオトクに関して、契約内容によってオトク度合いが変わってきます。皆様がこれからご契約する内容に合わせて以下のオトクGET一覧表から最適なやり方をご利用ください。







入会特典 利用するやり方 GET出来るオトク

データSIM 3,726円相当

SMS付きSIM ③④組み合わせ 6,566円相当

音声通話SIM 新規番号 ①③組み合わせ 7,840円相当

MNP ①③組み合わせ 12,840円相当








オトク金額の内訳は以下の通りです。

【データSIM】
バリューポイントクラブ経由で契約して3,726円相当のポイント獲得
合計:3,726円オトク

【SMS SIM】
エントリーパッケージ適用で事務手数料3,240円無料
バリューポイントクラブ経由で契約して3,726円相当のポイント獲得
▲エントリーパッケージ購入費用400円
合計:6,566円オトク

【音声通話SIM(新規番号)】
エントリーパッケージ適用で事務手数料3,240円無料
キャンペーンコード入力して5,000円相当のLINEポイント獲得
▲エントリーパッケージ購入費用400円
合計:7,840円オトク

【音声通話SIM(MNP)】
エントリーパッケージ適用で事務手数料3,240円無料
キャンペーンコード入力して10,000円相当のLINEポイント獲得
▲エントリーパッケージ購入費用400円
合計:12,840円オトク

引き続き①~④のやり方など、個別に解説して参ります。

①キャンペーンコード入力


2019年1月現在、LINEモバイル申し込み時に「通常申し込み」を選択後、キャンペーンコード「TMTM0404」を入力すると、

MNP:LINEポイント10,000pt
新規番号:LINEポイント5,000pt

が貰えるキャンペーンが開催されています。ポイントが貰える条件は、

音声通話SIMの契約
・2018年11月15日~2019年1月14日の間に利用開始日を迎えた方
・利用開始後、LINEモバイルの公式LINEアカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携した方

となっています。LINEモバイルを音声通話SIMで契約予定の方はこのキャンペーンコードの利用がオトクですので、お見逃しなくご利用ください(LINEポイントはLINEモバイルの支払いにご使用頂けます)。

さらにこの後解説する③エントリーパッケージとの併用が可能となっていますので、冒頭でご紹介した通り組み合わせてのご利用で最大12,840円相当のオトクをGET可能です。準備が整いましたら下のバナー経由などでLINEモバイルに申込して下さい。

LINEモバイル申込はコチラ
▼    ▼    ▼




獲得できるLINEポイントの付与時期など、詳しい内容などは下記リンクでご確認下さい。

▶LINEポイントキャンペーンについて(LINEモバイル公式ブログ)


LINEポイントキャンペーン


②お友達紹介キャンペーン使用


LINEモバイル契約者のかたから紹介でLINEモバイルに契約する場合、下記の通り新規登録事務手数料がオトクにご利用頂けます。

・データSIM:1,000円
・SMS SIM:500円
・音声通話SIM:0円

ただ、お友達紹介キャンペーンに関しては、他のキャンペーンとの併用ができません。

・データSIMかSMS SIMに契約予定
・バリューコマースに登録するのが面倒くさい
・エントリーパッケージを購入するのが面倒くさい

といった方に関しては利用価値があります。管理人もこの度LINEモバイルに契約して参りましたので紹介キャンペーンが適用されるURLを貼っておきますので、必要な方はご利用ください。

▶管理人のお友達紹介キャンペーン用URL(01月19日06:11まで有効)

※URLが使えない場合、二回タップ(クリック)すると使える場合があります。

※LINEモバイルの紹介キャンペーンURLは1日に1名様しかご利用頂けません。二回タップ(クリック)してもURLが使用できない場合は新しいURL更新をお待ち頂くか、管理人のインスタアカウントにDM、もしくはこの記事にコメントなど頂ければ可能な範囲で予約などの対応させて頂きます(最低1日1回確認するレベルなのでご容赦ください)。


LINEモバイルお友達紹介キャンペーン


③エントリーパッケージ使用


2019年1月現在、LINEモバイルエントリーパッケージが400円程度で購入可能です。送付されたエントリーパッケージに記載してあるエントリーコードを入力してLINEモバイルの契約を行うことにより、登録事務手数料3,000円(税抜)が無料になります

エントリーパッケージは①④と併用可能ですので、SMS SIM、音声通話SIM契約をご検討されている方はお見逃しなくご利用ください。




▶Yahoo!ショッピングでエントリーパッケージお求めの方はコチラ


④バリューポイントクラブ(ポイントサイト)使用


2019年1月現在、LINEモバイル案件を取り扱うポイントサイトはバリューポイントクラブのみで、LINEモバイル申込で3,726円相当の還元ポイントを獲得可能です。

▶「ポイントサイト」とは何か?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説します【ポイ活】

バリューポイントクラブではエントリーパッケージとの併用が可能となっていますので、データSIM、SMS SIMで契約を検討されている方はお見逃しなくご利用ください。

※バリューポイントクラブの還元ポイント数は変動する場合があります。バリューポイントクラブの還元ポイント数が大幅にDOWNしている場合などは、②のやり方をご利用ください。

※バリューポイントクラブはややマイナーなポイントのサイトなので、不安な方は②のやり方のご利用をご検討ください。

▶バリューポイントクラブ


LINEモバイル バリューポイントクラブ

※バリューポイントクラブは1pt=1円です。



LINEモバイルの特徴


LINEモバイルの主な特徴をピックアップしますと、

・docomo、SoftBankのマルチキャリア対応

・LINE使い放題などのカウントフリー対応

・最安プランの1GBデータSIMは月額500円
(税抜)

などとなっていまして、LINEアプリを使っての無料通話に関しましてはデータ通信量を気にせず利用可能です。その他のカウントフリーの内容など、下記記事でもご紹介していますのでご参考下さい。

▶カウントフリーなるスマホ節約術【格安スマホ・MVNO】

LINEモバイル申込はコチラ
▼    ▼    ▼



初月は月額基本料無料


LINEモバイルでは全てのプランで初月の月額基本料が無料となっています。

LINEモバイル 全プラン初月基本料無料


月300円キャンペーン(音声通話SIM限定)


音声通話SIM限定ですが、月額料金が3ヵ月間1,390円割引(※)となるキャンペーンが行われています。最も安価なプランの場合、3ヵ月間月額300円でLINEモバイルをご利用頂けます。

※LINEフリープランは900円引き

2018年11月7日~2018年1月31日までに利用開始された方が対象となっていて、対象の方は自動的にキャンペーン適用となります。

LINEモバイル 月300円キャンペーン

解約手数料


LINEモバイルでは音声通話SIMに限り一年縛りの解約手数料が設定されています。音声通話SIMの場合、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約またはMNP転出をする場合は9,800円の解約手数料が発生します。

※データSIM・データ+SMS SIMは解約手数料はありません。






格安スマホ関連のオトク情報


いかがだったでしょうか?今回の記事をご参考頂いて、オトクにLINEモバイルをスタートさせて下さい^^

最後にLINEモバイル以外の格安スマホ関連情報記事もご紹介しておきますので、お時間のある時にでもご覧ください。

▶楽天モバイルはどのポイントサイトを経由すればオトク?比較です【ポイ活】

▶BIGLOBEモバイルは、どのポイントサイトを経由すればオトクか?比較しました。

▶ロケットモバイルはどのポイントサイト経由がオトクか?比較です【ポイ活】

▶DMMモバイルはどのポイントサイトを経由すればオトクか?比較です。


※この記事は2019年1月1日に内容を更新しました。




最新記事一覧
Shufoo!(シュフー)チラシはどのポイントサイト・アプリで見るのがオススメか比較です。 2019/01/18
ベジ抹茶は、どのポイントサイト経由がオトクか?比較しました【解約方法も】 2019/01/17
Coke ON(コーク オン)アプリをオトクに始める裏技です【紹介URL・招待コード】 2019/01/16
【10%OFF情報追記】GU(ジーユー)オンラインストアは、どのポイントサイト経由がオトクか比較【ポイ活】 2019/01/16
ライフメディアWEEK!でオトクにポイ活 1月の実施内容を解説です【目玉はGU10%OFF】 2019/01/15


記事一覧(更新日付順)

オススメポイントサイト

ポイントサイトは日々のネットでの生活をオトクにしてくれるサイトです。ポイントサイトって何?の記事もご参考ください。


GMOグループが運営する安心のポイントサイトはポイントタウンです。貯めたポイントは手数料無料で100円から換金可能で、家族紹介でもポイントが貰えます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



当ブログ経由でGetMoney!(げっとま)登録するといきなり200円GETです!げっとまはヤフショのお買い物が業界最高還元です。

げっとま無料登録



ポイントインカムも当ブログ経由がオトクです!ポイントインカムに毎日ログインするだけで500円稼ぐやり方などはコチラ

ポイントインカムバナー


ゆりやんのTVCMが話題のハピタスに登録したい方は下のバナーご利用ください^^

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ネットで「稼ぐ」方法5つ

スマホ・パソコンでオトクにお小遣いを稼ぐ5つのオススメの方法です。



「アンケートで稼ぐ」ならマクロミルがオススメです

マクロミル



「レシートで稼ぐ」10個のアプリ・サービスをまとめました

レシート



「インスタで稼ぐ」画像を使ってポイ活するやり方です
レシート



「ネット銀行口座開設で稼ぐ」3つの銀行を比較しました

ネット銀行



「クレジットカード作成で稼ぐ」場合はタイミングが重要です

クレカ