FC2ブログ

節約ミックスジュース

・オトクな節約情報を追いかけます!

ウィキペディア(Wikipedia)に寄付をしたら〇年後にこうなりました【2018年三回目のチャレンジ編】 

2018.07.29 01:35 | ●生活のお役立ち情報
ウィキペディア(Wikipedia)

本日はウィキペディア(Wikipedia)に寄付をしたら〇年後にこうなりました(2018年三回目のチャレンジ)、をお送ります。

ウィキペディア(Wikipedia)

▶ウィキペディア(Wikipedia)TOPページより



ウィキペディア(Wikipedia)とは?


ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です。皆様も一度はアクセスされたことがあると思いますが、いかがでしょうか。

ウィキペディアは非営利団体のウィキメディア財団が運営していて、我々ユーザーの寄付で成り立っています。実際に寄付をされる方はそれほどいらっしゃらないようで、数値的にはウィキペディアを利用している方の1%未満程度ということです。

恥ずかしながら、管理人もウィキペディアに寄付をするという発想はあまりなくて、おそらく10年以上はウィキペディアをタダで有効活用してきました。それどころかたまーにニョキニョキでてくる寄付のお願いメッセージに関しては、内容を読むことすらありませんでした。

2018年三回目の寄付にチャレンジ!(2018年7月更新)


そんなウィキペディアですが、管理人は2015年と2017年の二回、寄付した実績がありましてこの記事後半に経緯などを残しています。

そして2018年7月、ウィキペディアへの寄付したコトを忘れていた頃にまたお誘いがやってきました。今回はその様子をダイジェストでお送りいたします。

思わせぶりなメールの表題「― 申し上げにくいお願いですが」


2018年7月26日、メールを確認していると思わせぶりな表題のメールを発見しました。

「〇〇さまへ ― 申し上げにくいお願いですが」

管理人の実名表記入りです。少しドキッとします。何かしら重大な出来事でも発生したかと思い、メールを開封するとウィキペディアからの寄付のお願いだったのです。「あーそういえば去年もこんなメールが来たような・・・」と思い出しました。

ウィキペディア 申し上げにくいお願いですが

少し様子に変化が?


メールの内容としては、「去年寄付してくれてありがとうございました。今年もお願いできませんか?」という内容のモノなのですが、文章内にチョコチョコ絵文字が挿入されて、なんだかカワイイ感じです・・・。ウィキペディアってこういう感じでしたでしょうか・・・?

ウィキペディア 寄付メール

両手を合わせてお願いしますの絵文字を見ると、日本的な印象を強く感じてしまいます・・・。日本のスタッフさんが担当しているのでしょうか・・・?

とにかく、「まあこれまでと同じ金額ぐらい寄付しよう」と考え、実行するコトにしました。

寄付出来ない?(カード番号が無効です)


しかしながら、2018年、今回の結果をお伝えしますと、なんと寄付できませんでした・・・。メール内のURLから寄付金額・クレジットカード番号を入力するなどして進めたのですが、

「カード番号が無効です」

の表示になるのです。使用したのはこの記事後半でもご紹介する楽天カードで、カードの有効期限などに問題はありませんし、他の決済でも使用しているのでカード自体に問題があるとは思えません。JCBブランドでしたが、寄付画面にもJCBブランドのチェック部分もありました。

国際支払いが有効になっているのか?などは不明でしたが、昨年までも同じ楽天カードでウィキペディアに寄付できていたので問題無いと思うのですが・・・。

残念です。今年はウィキペディアへの寄付を保留いたしました。また来年寄付するか、今年中に寄付できるやり方を入手出来次第改めてチャレンジしたいと思います。何かしら有益な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメントなどして頂けると嬉しいです。

ウィキペディア寄付 「カード番号が無効です」

2017年に寄付した時の様子


管理人が2017年に寄付した時の様子も残しておきます。お時間のある時にでもご覧ください^^


寄付をしたきっかけ 前段階「マクロミル編」


管理人がウィキペディアに寄付をしたきっかけは少しこの節約ブログと関係しているかもしれません。管理人はネットでのお小遣い稼ぎに興味を持ち始めたのは2015年ぐらいです。

スマホを所持したのが2014年末で、それまでスマホ自体もそれほど必要性を感じてなかったのですが(今でもガラケーでもいいと思うこともあります)、ちょうどワイモバイルが露出を強化し始めた時期で、明らかにドコモのガラケーを持っているよりワイモバイルに乗り換えたほうが支払金額的に良さそうだとのことで、乗り換えました。

で、スマホに乗り換えるといろんな情報が目に飛び込んでくるようになって、そこで初めて登録したのがアンケートサイトマクロミルでした。

▶日本最大級のアンケートサイト、マクロミルのオトクなはじめ方

はじめて登録したお小遣いサイトがマクロミルだったのはラッキーだったのかもしれません。ストレスが少なく効率的にお小遣いを稼げるマクロミルに触れて、もう少しネットでのお小遣い稼ぎを追求したい気持ちが出てきました。

寄付をしたきっかけ 第二段階「楽天カード編」


ネットでのお小遣い稼ぎを模索する中でワイワイ顔を出してきたのが楽天のサービスでした。もちろん楽天というコトバ自体は認識していましたが、節約にも買い物にもあまり興味はありませんでした。

それでも楽天カードマンは知っていました。

日常的にテレビを見ているヒトなら楽天カードマンを一度は見たことがあるはずです。ネットでお小遣い稼ぎをしようとすると、やたらクレジットカードを作成するとポイント貰えます、的な広告にぶつかるのです。

クレジットカード自体は普通に使っていましたが、ポイントを貯めたり節約につなげる意識はあまりなくて、ただ便利ということで使っていました。でもクレジットカードを作るだけでお小遣い稼ぎできそうならやってみるか・・・、的な発想になって、その時に思い浮かんだのが楽天カードマンでした。恐るべし楽天カードマンです。テレビでしつこく露出しておくというのは、管理人のような遅ればせ人間に対しても後々つながることもあるんでしょうね・・・。

ということで、遅ればせながら楽天カードを作った管理人はポイントサイトでの成果報酬を無事頂くことが出来ました。ただ、今でもあまり理解できません・・・。なんでクレジットーカード作るとお小遣い貰えるんでしょうね・・・。

ちなみにポイントサイトを経由して楽天カードをオトクに作成するやり方は、下記記事で不定期更新しています。

▶楽天カード新規申し込みは、どのポイントサイトを経由するとオトク?

さらにポイントサイトで稼げるお小遣いとは別に、楽天カード入会特典としてカードの利用でさらに楽天ポイントも貰える仕組みがあります。そこで思いついたのがウィキペディアへの寄付でした。

楽天カードでウィキペディアに寄付しました


ということで、日ごろから無料で有効活用させて貰っているウィキペディアに楽天カードで寄付をすることにしたのです。なかなかこういう機会で無いと寄付をするという発想にならなかったのです。

ウィキペディアの寄付の仕方は簡単です。ウィキペディアを利用して、寄付のお願いのメッセージが表示されたらあとは画面の指示に従って進めるだけです。クレジットーカードであれば番号などを入力して進めるだけです。

管理人が実際に楽天カードでウィキペディアに寄付をしたのが2015年だったようで、楽天カード会員専用オンラインサービスe-naviで履歴は確認できませんでした(e-naviで確認できるのは一年前までの履歴)。

しかし、今月ウィキペディアから一通のメールが届いて「そういえば昔ウィキペディアに寄付したなあ」と思い出した次第です。

ウィキペディアから届いたメールです


実際にウィキペディアから届いたメールがコチラです。

ウィキペディアからのメール



「毎年いい意味で唖然とさせられます」という、微妙に翻訳されたようなコトバで始まるメールにはまた寄付をお願いできませんかというメッセージや、前回の寄付の金額が700円だったことも記載されていました。微妙な金額ですみません。

メールには「寄付者の皆さまからの反響には、毎年良い意味で唖然とさせられます。でも、まだ目指す寄付金額にたどり着けていません。」との内容もありました。

再びウィキペディアへ寄付しました!


そうお願いされると仕方ありません。また寄付をして参りました。

先ほどのメールの下部から寄付ページにアクセス可能です。同じ700円の寄付をします。

ウィキペディア 寄付



寄付ページに移動しましたので、寄付金額を確認して下にスクロールします。

ウィキペディア 寄付



楽天カードで使用している情報を入力します。

ウィキペディア 寄付



寄付が完了しました!

ウィキペディア 寄付完了



感謝メールも届きました^^

ウィキペディア 感謝メール


ウィキペディアの寄付をご検討してみてはいかがでしょうか


最近は以前よりはウィキペディアを利用する機会が減っているような気がします。皆様がどのようにウィキペディアを利用されているかはわかりませんが、もしこれからもウィキペディアの利用をお考えの方は寄付制度活用をご検討してみてはいかがでしょうか?ウィキペディアから感謝メールも届きます^^

寄付金捻出が困難な方は繰り返しになりますが、楽天カード作成もオススメします。下記記事もぜひご参考ください。

▶楽天カード新規申し込みは、どのポイントサイトを経由するとオトク?


※この記事は2018年7月29日時点での情報をもとに作成されています。





関連記事


オトクまさん
こんばんは!

ウィキペディアの寄付ってこうなってるんですね!
前は頻繁に利用していたんですが、今はそれほど利用
しなくなってきた感じですが、

私もずっとタダで利用していたので、
オトクまさんが寄付された記事を読んで、
寄付してみようかなと思っちゃいました(^^)
[ 2017/09/26 01:55 ] [ 編集 ]


うめさんこんばんはです!

多分世界中から寄付が集まっていると思うのですが
どのように寄付金が使われているのかも気になります。

うめさんもぜひ寄付してみてください!
一年後か二年後にはメールも届きますよ^^
[ 2017/09/26 03:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧
【スゴイのキタ】楽天カード作成が、どのポイントサイトを経由するとオトクか比較【ポイ活】 2018/08/22
入金速報(2018年8月22日) 5万円の入金&目標金額設定をUPしました。 2018/08/22
ポイントサイト別にブログ・SNS投稿キャンペーンの内容をまとめてみました。【2018年8月】 2018/08/21
レシートアプリ&サービスの更新まとめ情報【2018年8月21日】 2018/08/21
mineo(マイネオ)は、どのポイントサイト経由がオトクか?比較しました【2018年8月】 2018/08/20


記事一覧(更新日付順)

オススメポイントサイト

ポイントサイトは日々のネットでの生活をオトクにしてくれるサイトです。ポイントサイトって何?の記事もご参考ください。


GMOグループが運営する安心のポイントサイトはポイントタウンです。貯めたポイントは手数料無料で100円から換金可能で、家族紹介でもポイントが貰えます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



当ブログ経由でGetMoney!(げっとま)登録するといきなり200円GETです!げっとまはヤフショのお買い物が業界最高還元です。

げっとま無料登録



毎日コツコツポイントを稼ぎたい方はモッピーちょびリッチがおススメ!2つのガチャで毎日タップだけでポイントが貯まります^^

モッピーとちょびリッチ


ネットで「稼ぐ」方法5つ

スマホ・パソコンでオトクにお小遣いを稼ぐ5つのオススメの方法です。



「アンケートで稼ぐ」ならマクロミルがオススメです

マクロミル



「レシートで稼ぐ」10個のアプリ・サービスをまとめました

レシート



「インスタで稼ぐ」画像を使ってポイ活するやり方です
レシート



「ネット銀行口座開設で稼ぐ」3つの銀行を比較しました

ネット銀行



「クレジットカード作成で稼ぐ」場合はタイミングが重要です

クレカ

トレンドミックスジュース