FC2ブログ

節約ミックスジュース

・オトクな節約情報を追いかけます!

【dポイント情報追記】Shufoo!(シュフー)チラシはどのポイントサイト・アプリで見るのがオススメか比較です。 

2019.02.14 05:07 | ●生活のお役立ち情報
2019年2月14日追記

この記事では電子チラシのShufoo!(シュフー)関連サービスについて解説して参りましたが、この度

・dポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)

というサービスがあるのを知りました。サービス開始は2018年4月からなので、随分と長い間見逃していました…。

そしてdポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)を知ったのはいいのですが、なんと2019年3月31日でサービス終了との事です…。

dポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)では毎日電子チラシ閲覧でdポイント1ポイント貯められますので、残り期間短いですが、dポイントのポイ活にお役立てください(dアカウント必須です)。

▶dポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)公式サイト


dポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)



また同じdポイント関連情報として、2019年3月17日までスマホにアプリ導入するとdポイントが最大600ポイント貰える内容の記事も貼っておきますので、dポイントのポイ活にお役立てください。

▶「dmenu ニュース」「dmenu スポーツ」アプリDL&エントリーでそれぞれdポイント300pt貰える【合計600円】


「dポイントクラブ×Shufoo!(シュフー)」「アプリでdポイント最大600ポイント」、それぞれ既にご存知の方も多いと思いますが、ご了承ください。

↑↑
追記ココまで


本日はShufoo!(シュフー)の電子チラシはどのポイントサイト・アプリで見るのがオススメなのか比較しましたので紹介します。

shufoo!アプリ


Shufoo!(シュフー)はインターネット上でデジタルチラシを提供するサービスで、凸版印刷が運営します。「ポイントチラシ」という呼ばれ方もされているようで、郵便番号を登録すると最寄りのスーパーなどのチラシをパソコンやスマホで閲覧することができます。

2019年1月現在、アプリやポイントサイトなどでShufoo!(シュフー)サービスを利用することができて、それぞれチラシを閲覧するコトでポイントも貯まりますので、Shufoo!(シュフー)の利用で

・オトクな広告情報を入手する
・ポイントを獲得する


の一石二鳥が可能です。ただアプリ・サイトごとで貯まるポイントのレート設定が異なるため、Shufoo!(シュフー)サービスを利用して効率よくポイントを貯めるにはどのサービスを使ってデジタルチラシを閲覧するのか見極めが重要となります。

今回の記事では管理人が使用するShufoo!(シュフー)サービスを効率的かどうかという観点から比較・検証してみます。


アプリ・サイトの比較表


まずはShufoo!(シュフー)サービスが利用できるアプリやサイトを、1つのチラシ閲覧時に獲得できるポイント数順に比較した表を作成しましたので御覧ください。






サービス名 分類 1チラシ閲覧当たりの報酬

Tポイント×Shufoo! アプリ 1円

ECナビ×Shufoo! アプリ 0.1円

ECナビ ポイントサイト 0.1円

PeX ポイント交換中継サイト 0.1円





※各サービスで獲得できるポイント数を円換算しています。


一覧表の各サービス名をクリックして頂くと、該当サービス紹介記事にアスセスできますのでご利用下さい。

記事後半で解説しますが、2018年末に多くのポイントサイト・お小遣いサイトでShufoo!(シュフー)のデジタルチラシ提供が終了しました。

2019年1月現在で管理人が把握している範囲内では、この一覧表に記載されているアプリやポイントサイトでShufoo!(シュフー)のデジタルチラシサービスでポイントを貯める事が可能で、最も効率良くポイ活出来るのはTポイント×Shufoo!アプリです。

各サービス共通事項


一覧表をご覧頂きますと、Shufoo!(シュフー)のデジタルチラシ閲覧で獲得できるポイント数が各アプリやポイントサイトごとに差があることがお分かり頂けると思いますが、ここではShufoo!(シュフー)で共通している事項を2点記載しておきます。

チラシを表示するとポイントが貯まる


Tポイント×Shufoo!などのアプリサービスの場合はチラシが画面に表示されると「ポイントGET!」といった表示がされますので、ポイント獲得状況が目視確認しやすいです。

一方でスマホ・PCのブラウザで利用するポイントサイト内のShufoo!(シュフー)チラシサービスに関しては、チラシが「拡大表示された時点でポイントが加算」となります。

チラシ画像以外に特別な表示はされませんので、いつポイントが加算されたかはわかりにくいです(それでも基本的にはチラシが表示されたらポイントは貯まっている感じです)。

1日2回ポイントが貯まる


「06:00~20:00」「20:00~06:00」の間の各1回につきそれぞれポイントが獲得できます。

1日に2回ポイントが獲得できますので、先程の表でご紹介した「1チラシ閲覧当たりの報酬」×2が1日で獲得できる上限となります。ブラウザ版の場合、スマホ・PCに関係なく1回獲得すると、その回のポイント獲得権は終了となります。

実際にポイントを貯めるやり方


それぞれのサービスで実際にポイントを貯めている様子も簡単にご紹介しておきます。

①Tポイント×Shufoo!アプリ


まずはShufoo!(シュフー)チラシ閲覧で最もオトクにポイントを貯められるサービス、Tポイント×Shufoo!アプリでポイントを貯める様子です。

Tポイント×Shufoo!アプリは1回のチラシ閲覧でTポイントが1ポイント貯まるアプリです。下記記事もご参考下さい。

▶タップするだけで毎日2円分のポイントGET!Tポイント×Shufoo!アプリのご紹介


下の画像がTポイントをGETした時の画像です。わかりやすいですね^^

Tポイント×Shufoo!アプリ



・Tポイントチャンスキャンペーン

Tポイント×Shufoo!アプリにはオトクな付属機能も搭載されています。閲覧したチラシ数に応じて抽選で毎週20名にTポイント1,000ポイントが当たるキャンペーンです。チラシ10枚の閲覧で1口が自動的に応募されます(1週間に最大5口まで)。


・Tポイント×Shufoo!アプリの始め方

Tポイント×Shufoo!アプリの始め方は2通りあります。

①ポイントサイト経由でアプリをインストールする
Tポイント×Shufoo!アプリは、ポイントサイト内のアプリ案件でラインナップすることがあります。管理人調べですが、ちょびリッチ・ECナビでラインナップされていることが多いです。

下の画像はスマホ版ちょびリッチのアプリ案件画面です。ちょびリッチ経由でのTポイント×Shufoo!アプリインストール&起動で24円相当のちょびリッチポイントが貰えます。

ちょびリッチ Tポイント×Shufoo!アプリインストール案件



ちょびリッチの場合、入会するだけでも250円相当のポイントが貰えてオトクです。その他スマホ版ちょびリッチではちょびガチャなどで毎日チリツモでポイ活する事も可能です。

▶ちょびリッチの稼ぎ方を全力でご紹介します。【メリット・デメリットも】

ちょびリッチ無料登録はコチラ
▼    ▼    ▼

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



下の画像はECナビのアプリ案件画面です。ECナビ経由でのTポイント×Shufoo!アプリインストール&起動でも24円相当のECナビポイントが貰えます。

ECナビ Tポイント×Shufoo!アプリインストール案件



ECナビの場合、サイト内でShufoo!電子チラシ閲覧できたり、「ECナビ×Shufoo!アプリ」を使用する事もできます。

▶ECナビのメリット・デメリットを全力でまとめました【2019年最新版】

ECナビ無料登録はコチラ
▼    ▼    ▼




②アプリストアでアプリをインストールする
ポイントサイトの案件はラインナップされている時と、そうで無い時があります。タイミングが悪くポイントサイトでTポイント×Shufoo!アプリ案件が見つけられないときは、しばらく待つかアプリストアでインストールするなどしましょう。

下記リンクからTポイント×Shufoo!アプリを直接インストールできます。


▶Androidの方はコチラ(Google Play)

▶iPhoneの方はコチラ(App Store)


ECナビ・PeX


PC版ECナビ・PeXでShufoo!(シュフー)チラシを閲覧する様子も少しご紹介しておきます。PC版ECナビではTOPページにアクセスして左側の「ポイントチラシ」を選択です。

ECナビ ポイントチラシ


スマホ版ECナビの場合は下部「もっと貯まる」のボタンからポイントチラシのページにアクセスできます(PC版・スマホ版どちらか1回のみポイントが貯まります)。

またスマホ版ECナビの「アプリで貯まる」コーナーからはECナビ×Shufoo!アプリをインストールする事ができます。ECナビのポイントチラシとECナビ×Shufoo!アプリは独立していますので、それぞれのアクション毎にECナビポイントを獲得可能です。

またECナビ×Shufoo!アプリではTポイント×Shufoo!アプリと同じように、チラシ10枚閲覧でポイント当たる抽選に自動的に応募されます。

PeXではTOPページ右側メニューの「オリチラ」の項目から電子チラシのページにアクセスできます。

PeX オリチラ


ECナビとPeXに関して解説した記事は下記リンクご参考ください。

▶ECナビのメリット・デメリットを全力でまとめました【2019年最新版】

▶「PeX」って何?ポイント交換中継サイトPeX(ペックス)をざっくり解説【メリット・デメリット】

本家Shufoo!のサイト・アプリ


今回の記事ではアプリやポイントサイトの外部サービス経由でShufoo!の電子チラシを閲覧するやり方を解説しましたが、本家Shufoo!に直接アクセスして電子チラシを閲覧する方法もあります。

本家Shufoo!で電子チラシを閲覧すると「シュフーポイント」を貯める事が出来ますが、貯まったポイントは豪華賞品が当たる抽選に使用するなど、使い道が制限されていますのでご注意下さい。

Shufoo!(シュフー)公式サイト
▼    ▼    ▼



まとめ


いかがだったでしょうか?Shufoo!(シュフー)のデジタルチラシ閲覧サービスは様々なサイトで活用されていますが、それぞれで獲得できるポイント数などに違いがあることがお分かり頂けたと思います。

今回ご紹介した以外にも電力会社サイトと提携した「中国電力×Shufoo!アプリ」「カテエネ×Shufooアプリ」なども展開されていて、私達の生活に幅広い方面から近づいてきています。

今回ご紹介した内容をご参考いただいて、ぜひオトクにShufoo!(シュフー)サービスをご利用下さい!

過去情報


冒頭でも触れましたが、2018年末に多くのポイントサイト・お小遣いサイトでShufoo!(シュフー)の電子チラシサービス提供が終了しました。

管理人が確認したサイトとしては、

・ドットマネー
・ちょびリッチ
・GetMoney!(げっとま)
・げん玉
・お財布.com
・モッピー
・ポイントタウン

で2018年末にShufoo!(シュフー)の電子チラシサービス提供が終了しました。


※この記事は2019年1月18日時点での情報をもとに作成されています。



関連記事
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新記事一覧
楽天スーパーポイントをオトクに貯める山分け案件まとめ情報【3月23日】 2019/03/23
楽天ペイと楽天Edyの違いをざっくり比較してみました。【キャッシュレス決済】 2019/03/22
メルカリがどのポイントサイト経由で登録するのがオトクか?比較です【メルカリデビュー】 2019/03/21
【速報】CHECK(チェック)アプリ新規導入で1,000円分のポイント貰える【招待コード】 2019/03/20
楽天Edyデビューする方向けのオトクなキャンペーン3つのご紹介です。【電子マネー】 2019/03/20

オススメポイントサイト

ポイントサイトは日々のネットでの生活をオトクにしてくれるサイトです。ポイントサイトって何?の記事もご参考ください。


GMOグループが運営する安心のポイントサイトはポイントタウンです。貯めたポイントは手数料無料で100円から換金可能で、家族紹介でもポイントが貰えます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン



当ブログ経由でGetMoney!(げっとま)登録するといきなり200円GETです!げっとまはヤフショのお買い物が業界最高還元です。

げっとま無料登録



ポイントインカムも当ブログ経由がオトクです!ポイントインカムに毎日ログインするだけで500円稼ぐやり方などはコチラ

ポイントインカムバナー


ライフメディア公式アンバサダー「える友大使」として活動中です。ライフメディア登録は下のバナー経由がオトクです!

ライフメディア

ネットで「稼ぐ」方法5つ

スマホ・パソコンでオトクにお小遣いを稼ぐ5つのオススメの方法です。



「アンケートで稼ぐ」ならマクロミルがオススメです

マクロミル



「レシートで稼ぐ」10個のアプリ・サービスをまとめました

レシート



「インスタで稼ぐ」画像を使ってポイ活するやり方です
レシート



「ネット銀行口座開設で稼ぐ」3つの銀行を比較しました

ネット銀行



「クレジットカード作成で稼ぐ」場合はタイミングが重要です

クレカ